2017/6/24放送【すくすく子育て】。人間としてひとりで生きていく力(非認知的能力)を育てるには、遊びに没頭することが大切!

こんにちは。さわみかんです。

2017/6/24放送のNHK教育番組【すくすく子育て】は
観ましたか??

さわみかんは、気になるタイトルの時だけ
録画して子育ての参考にしています^^

今回の放送では、【非認知的能力】についてのお話でした。

スポンサーリンク

幼稚園も保育園も、教育目標は同じ。

幼稚園は文部科学省の管轄だから、教育に特化している。

保育園は厚生労働省の管轄だから、【保育】中心で、衣食住を大切にする

というイメージがありますよね?
さわみかんもそう思ってました。

しかし、幼稚園も保育園も3才以上の子供に関しては、
1962年から教育目標は同じです。

その教育目標とは、【人間としてひとりで生きていく力】を
身につけていくことです。

これを、【非認知的能力】と言います。

非認知的能力とは?

非認知的能力とは【人間としてひとりで生きていく力】のことを指すと
言いましたが、もっと具体的に言うと以下の通りです。

  • 目標に向かって頑張る力
  • 他の人とうまくかかわる力
  • 感情をコントロールする力

などです。

このお話を聞いて、さわみかんは2人の娘たちに、
絶対に身につけてほしい力だなって思いました。

勉強だけできたって駄目。
就職した時に周りの人たちとうまく付き合って、
仕事をして、お金をもらい生きていくには、
絶対に必要な力ですよね。

勉強は、夢をかなえるための通過点や手段であって、
ゴールじゃありません。

勉強ができるようになる、ではなく、

夢(目標)をかなえるために勉強する

と考えて、取り組んでほしいなって思います^^

ついでにいうと、

ネットビジネスも同じですね。

お金を稼ぐというのは、通過点であって、
ネットビジネスは手段です。

お金を稼いで、どうしたいのか?

という実現したい未来を明確にすることが大切です。

あ、話がそれた。子育てについての話題に戻りますねーー。

認知的能力とは、IQで測れる能力のこと

認知的能力とは、

  • 文字が書ける
  • 数字がわかる

など、IQで測れる能力のことです。

実は、さわみかんの長女(4才)ですが、
文字に全然興味ありません(^^;)

自分の名前やおともだちの名前は読めますが、
書けないし、興味がないです…。

仲の良いお友達は、ひらがなをマスターしていて、
中にはカタカナも書けるお友達がいました。

正直、焦った時期がありました。

教えようとしても、そもそも興味がないので覚えないし、
さわみかんもいらいらしてきて、長女もお勉強嫌いになったら困るし、
こりゃお互いにいかんなと思い、あっさりあきらめました(笑)

乳幼児期で非認知的能力を伸ばしていくには

これはさわみかん個人の意見ですけど、
お絵かきが上手な子は、文字を覚えるのが早いな、と思います。
文字もお絵かき感覚で、楽しんで覚えるんですね。

ひらがな書けない大人なんていないし、
焦らないで、興味が出た時に一緒にやればいいかと
思っていましたが、

この【すくすく子育て】を見て、

ああ、あせらなくていいんだな。
幼児期は、文字や数字よりも大切なことがあるんだな

って確信できたんです(#^^#)

それが、【非認知的能力を伸ばしていくこと】。

では、非認知的能力を伸ばしていくには、
具体的にどうすればいいのか?

それは、やはり【遊び】なんですね。

↓↓↓

非認知的能力を伸ばす遊びとは

※すくすく子育てのHPへ飛びます。

  • こども主体の遊びを大切にすること
  • こどもが満足するまで遊びきること

これらが大切ですが、
こどもって興味がすぐ他に移りますよね(^^;)

遊びに没頭すると、どんどん面白いアイディアが出てきて
夢中になるのですが、そのまえに飽きてしまうことがほとんど。

試行錯誤しながら遊びに没頭する状態を作るために、
大人のサポートが必要ということなんです。
といっても、そんなに難しい仕掛けを作るわけではありません。

◆こどもが興味を持った時に、
すぐに道具を使えるように用意する。

◆飽きてしまった時に、他のおもちゃを
すぐに手に取ることができるようにする。

4才の長女は、ぬりえや折り紙、ごっこ遊びが大好きだ
という自覚があるので、かなり集中して遊びます。
一方、1才の次女は、まだ自分のだいすきな遊びが見つからないので、
とっても気が散ります(笑)

ちなみに、
さわみかんはどうしているかというと、

子供部屋にすべてのおもちゃを収納するのではなく、
おもちゃをすべてのお部屋に少しずつ配置しています^^

リビング、寝室、こども部屋…

全てのお部屋におもちゃを配置しておくことで
どの部屋でも遊べるようになっています。

最初はごちゃっとしていて嫌だな~~~と思ったのですが、
子供部屋にすべて片付けても、
結局リビングに持ってきて
おもちゃで遊ぶので同じかなと(^^;)

非認知能力を伸ばすためには、

子供が自由に遊べる工夫をすることが大切です。

自然と触れ合うことって大切?

やはり、自然には生命が存在しているという感覚が
身につくので、大切だそうですよ。

【ガラスの仮面】の紅天女みたいですよね(笑)

生命が宿っているという感覚は、理屈を超えて、
こどもの中に何かを残します。

さわみかんも小さなころは北海道の山深くに住んでいて、
自然の中で遊ぶのが当たり前でした。

  • バス停にいるフクロウ
  • 森に見えたオス鹿の大群
  • 熊の痕跡(歩いてきた道に松ぼっくりが枝ごと落ちてる)
  • 父親の勤めていた会社の近くにいたきつつき。
  • 水たまりの中にいた八の字で泳ぐなにか。
  • アリの巣の出入り口を埋めたこと(アリさん、ごめん)
  • ダンゴムシを丸めて遊んだこと
  • 沢に大きな石を落として、橋をつくったこと。

まだまだ書き足りませんが、素敵な思い出として、
こころに残っています。当時は何もないところだと思ってましたが。

都会に住む娘たちには、なかなか機会がありませんが、
休日は、自然と触れられるような遊びを
これから考えていきたいなと思いました。

今日も、笑顔で子供と触れ合えますように。

長くなりましたが、この辺で。では、また~~♪

在宅ビジネス初心者メール講座【さわみかん通信】のご案内

PS.
さわみかんは、子育ての合間に、家事の合間に、
メルマガアフィリエイトのお仕事をしています。

好きなお洋服や靴を買っておしゃれを楽しんだり♪
毎週末は旅行を楽しんだり♪

部屋に飾ったお花をみてきれいだな~~と
穏やかに過ごす毎日です。
主婦業を思いきり満喫しております。

メルマガ内で、在宅ビジネスのマニュアルなども
プレゼントしています。
よかったら見てくださいね。
強引な勧誘などは一切ありません。
安心してご覧くださいませ。
※メルマガ登録はもちろん無料です。

↓↓↓
在宅ビジネス初心者メール講座【さわみかん通信】

在宅で月5万円以上稼ぐネットビジネスの始め方♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク