【Googleアドセンス】新機能の広告掲載率とは?設定をいじってみた結果1日8円に収益が下がった件について

こんにちは。さわみかんです。

Googleアドセンスに『広告掲載率』という項目が追加されましたね。

この記事では、

  • 広告掲載率とは何か?
  • 設定をいじってみた結果
  • 広告掲載率を設定する必要はあるか?

ということについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

広告掲載率とは

成果の高い広告を重視

特に収益性の高い広告だけを表示することで、サイトでの全体的なユーザー エクスペリエンスを最小限の費用で改善できます。スライダーを使って、広告数を減らした場合に見込まれる収益の変化をご確認ください。

(Googleアドセンスの広告掲載ページより引用)

Googleアドセンスは、あなたのブログ内容とユーザー(読者)の属性を判断して
『最適だ』と思う広告を自動で表示します。

広告掲載率は、収益の低い広告を最初から表示させず、
収益の高い広告だけを表示させやすいように設定する機能のことです。

Googleアドセンスは厳しいので、
キャプチャ画像は怒られるかもしれないといううわさがあり、
似たような画像を作って用意してみました~~~。

Googleアドセンスにアクセスして、

【広告の設定】→【広告掲載率】をクリックします。

デフォルメ状態は、推定値も広告掲載率も100%です。

青いバーのほうを左に動かすと、広告掲載率をいじることができます。

このブログはたった100記事程度しかない弱小ブログで
どこまで信用できるか謎ですが…。

広告掲載率を94%まで下げても推定値は100%でした。

つまり、このブログは94%に広告の表示をカットしても、収益は変わりませんよ。

ということですね。

5日間、試した結果

PV数は変わらないのに、
びっくりするぐらい収益が下がりました。Σ(゚д゚lll)ガーン

1日8円という日も。。(ノД`)・゜・。

他ASPでの売り上げがあったためよしとしますが、
アドセンス収入は悲しい結果になりました。

デフォルメの100%に戻したものの、
すぐに反映されないようで
3日経った今も収益は低いままです。

ただ、100記事程度の弱小ブログなので
もっと大きな収益を得ているブログならまた話が違うかもしれません。

新しく始まった『広告掲載率』という機能のGoogleの説明では
「ユーザー(読者)のユーザビリティの向上」ということですが

端的に言うと広告掲載率とは
収益がさがらない程度に、広告を表示させる回数をカットする
ということです。

広告を表示する回数を減らすということは、

  • 広告を出してる企業も
  • アドセンス広告を設置しているブロガーにも

メリットはない…ですよね。

広告掲載率を設定することは一体、誰得なのか?

Googleにとっては、

  • 収益の悪い広告を表示させなくて済む
  • サーバーの負担を少しでも減らせる

というメリットがあります。

また何か情報が入れば、追記していきたいと思います。

とりあえず、私は広告掲載率はいじらず広告表示100%でやっていきます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク